【ラーメン】伊勢佐木長者町「地球の中華そば」 横浜を代表する淡麗系の名店。

「地球の中華そば」の海老ワンタン塩そば

横浜市中区長者町にある「地球の中華そば(ほしのちゅうかそば)」を紹介します。

「地球の中華そば」ってどんなお店?

「地球の中華そば」と書いて「ほしのちゅうかそば」と読みます。
「ほしの」は店主さんの奥様の旧姓なんだとか。素敵ですね。

店主の樋上さんは「柳麺ちゃぶ屋」、「麺の坊 砦」で修行された方。
「麺の坊 砦」では新横浜の「ラーメン博物館」に出店した際の店長も務められたという経歴の持ち主。

2014年秋にオープンし、翌2015年には業界最高権威と言われているTRYラーメン大賞新人賞を受賞。
4年目を迎えてさらにブラッシュアップを続け、名実ともに神奈川を代表するラーメン店の一つになっています。

現在は高校生スタッフこうへいさんが手がける月一企画「こうへいらーめん」も好評です。

店舗外観

「地球の中華そば」の外観

2016年の年末頃の外観。現在は看板は取り外されています。マンション1階の提灯と暖簾が目印。
隣には家系ラーメンの「勝鬨家」があります。

メニュー

レギュラーメニューは清湯(ちんたん)スープベース5種類と白湯(ぱいたん)スープベース2種類の計7種類を提供しています。

清湯スープベース
  • 地球(ほし)の塩そば ¥780
  • 醤油そば ¥750
  • 極選 辛味そば(塩) ¥850
  • 極選 辛味そば(醤油) ¥850
  • 海老香る塩つけそば ¥850
  • 醤油つけそば ¥850
白湯スープベース
  • 白湯そば ¥780
  • 極選 担々そば ¥850

実際に食べてみました

海老ワンタン塩そば

「地球の中華そば」の海老ワンタン塩そば
フラッグシップメニューの「地球の塩そば」に海老ワンタンをトッピングしたもの。

スープは素材の重層的な味わいが感じられ、それが絶妙なバランスで調和されています。
あっさりしているけど、旨味がたっぷり。
無化調でここまで引き出すのは凄いの一言です。

そこにしなやかな細いストレート麺がスルスルと喉に入っていきます。

海老ワンタン醤油そば

「地球の中華そば」の海老ワンタン醤油そば
塩と双璧を成すもう一つの清湯メニュー。
塩と同様に素材の重厚な旨味が広がるスープにキレのある醤油がマッチしています。

何度食べても飽きない味で、食べた後も余韻が残ります。
醤油が美味しいお店はたくさん知っていますが、僕の中ではここが不動の一位ですね。

海老ワンタン白湯そば

「地球の中華そば」の海老ワンタン白湯そば
白湯は塩と醤油の区別はなく、塩ダレと醤油ダレを4:1でブレンドしているそう。

あっさり系の清湯と違いトロミのある濃厚なスープが特徴。
スープが麺がよく絡み、清湯とはまた違った啜り心地が楽しめます。

あっさりより濃厚系が好きな方にはおすすめ。

チャーシューネギご飯

「地球の中華そば」のチャーシューネギご飯
サイドメニューのこちらは普通サイズと小サイズがあります。
味付けされたブロックチャーシューでご飯が非常に進みます。

ラーメンだけじゃ物足りないと思った方におすすめです。

店舗情報

店名 地球の中華そば(ほしのちゅうかそば)
住所 神奈川県横浜市中区長者町2-5-4 夕陽丘ニュースカイマンション101(地図
アクセス
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」駅より徒歩4分
  • JR根岸線「関内」駅より徒歩9分
  • JR根岸線「石川町」駅より徒歩10分
駐車場 なし
座席数 カウンター6席、テーブル4席×1卓
オープン日 2014/10/20
公式サイト
レビューサイト

おわりに

数多くのお店を食べ歩いている僕ですが、一番好きなお店がここ。横浜に来たら是非食べに行って欲しいお店。
メニューが多く迷いますが、清湯も白湯もどれを食べても美味しいです。

トッピングを付けるならプリプリとした食感が良い海老ワンタンがおすすめです。
どのメニューにも合う万能なトッピングですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です