自分のバイオリズムを知る。

梅雨の時期は苦手です。
低気圧になると頭がずーんと重くなって、酷い日は動けなくなります。

気圧対策に使えるアプリ「頭痛ーる」

「頭痛ーる」アイコン

頭痛ーる:気圧予報で体調管理 全国700万人の気象病対策アプリ

そんな僕は気圧対策に「頭痛ーる」というアプリを使っています。

「頭痛ーる」ができることは天気予報のように今後の気圧を教えてくれること、そしてその時の自分の体調を記録すること。
当たり前ですが別にこれをインストールしたからと言って、頭痛が治るわけではありません。

記録をつけて見えてきたのは、僕は1000hPa以下ぐらいになると頭痛になるということ。

自分のバイオリズムに合わせて働く。

僕は毎朝「頭痛ーる」を確認して、「今日はこのぐらいの気圧になりそうだから、この仕事ができそうだな、この仕事は厳しいかな」って見通しを立てています。

ざっくり言うと

  • 気圧が低く体調の悪い日は頭をあまり使わない単純作業。
  • そうでない日は頭を使うクリエイティブな仕事。

こんな感じで。

こうすることで、以前よりはメリハリつけて仕事を進めることができるようになりました。
自分の裁量で仕事やらせてもらっているのも大きいと思いますが。

おわりに

ロボットじゃないので毎日100%の生産性出して働くって無理じゃないですか。
だったら自分のバイオリズムを一旦受け入れて、そのバイオリズムに合った仕事をするのがベストなんじゃないかなと考えています。

頭痛ーる
Price: Free+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です