日本最大級のメンズファッションコミュニティ「MB LABO」のお話。

「幸服論」東京発売イベント

僕は2018年から「MB LABO」というオンラインサロンに入会しています。

ちょっと前の話になるのですが、東京での「幸服論」発売イベントに行きました。
そこでメルマガ会員の方に「ラボ会員の方ですか?」と声を掛けられ、ラボの様子を尋ねられました。
せっかくなので僕なりにラボの魅力をお伝えさせてもらいました。

今回はそんなMBラボの話を僕が感じたメリット・デメリットを交えて紹介したいと思います。

「MB LABO」とは?

MBさんが運営しているオンラインサロンです。
サロン概要をDMMオンラインサロンのページ から引用させていただきます。

MB LABOは「日本人をオシャレにする!」というMB の志を実現するための会員制コミュニティです。したがって、メルマガやブログとは違い、MB が一方的に情報を発信するだけではなく、メンバー全員が一丸となってサロンを盛り上げ、交流し合う中で各々が理想のオシャレを追究する「実験場」であり「部活」のような場でもあると考えて下さい。

メリット

ファッションを語れる仲間ができたこと

これが僕にとって一番の財産です。
メンズってアパレルに関わっていない人でもない限り、ファッションを語るコミュニティなんてほとんどないんじゃないかなと思います。

サロン内のやりとりも活発ですが、毎週のように全国どこかでイベント・オフ会が開かれていて、ラボ会員の方と実際に会って多くの刺激を受けることができます。
ちなみに僕は飲み会が大好きマンなので、そういうオフ会はわりと多く参加しています。

メルマガは座学でラボは実践

僕がラボ入って感じたのは「メルマガは座学でラボは実践だな」ということ。
ラボ内にはコーデ診断スレッドなどがあり、他のラボ会員の方(おしゃれな方達ばかり)からの客観的な視点を得られます。

僕はメルマガ読んでて、ある程度はおしゃれになれたかなぁとは思っていたのですが、全然でした。
あまりにも全然すぎて、手持ちのアイテムをかなり断捨離して、ワードローブを組み直したほど。
やはり他人からの客観的な視点は大事です。

デメリット

魅力的なアイテム・情報量が多い

ラボは魅力的なアイテムで溢れています。
一般販売では瞬殺されるようなMBアイテムの先行販売、一般販売されないラボ限定アイテム、有名ブランドのアイテムが格安で手に入るサンプルセール、MBさんがピックした古着を扱う「MB LOCKER ROOM」 はラボ会員には実店舗が開放されています。

さらにラボにはファッション感度の高い方が集まっていて、自然と様々なブランドの魅力的なアイテムが紹介されています。

「あれもこれも欲しい」と買っていったら、普通のサラリーマンだったら一気に金欠になります(入会二ヶ月目の僕です)。
なので自分の欲求との戦いが強いられます。

逆に言えば、僕が感じたデメリットはこれぐらいです。

僕なりのラボとの付き合い方

ラボに入会する理由はそれこそ人それぞれかと思います。
一番大事なのは自分がどこを目指すしているのかを見極めることなんじゃないかなと思います。

例えば、もっとファッションを極めておしゃれエリートを目指すのか、普通の人より差別化されてパッと見で「あの人おしゃれ」って思わせるぐらいを目指すのかとか。
僕は後者です。さらに言うならおしゃれになって、自分の人生を豊かにしたいです。

あともう一つ。ラボで自分が享受した恩恵を返していきたい。今よりコミュニティに貢献していきたいなと考えています。
このブログで外向けに発信したのもその一環です。

おわりに

メリット・デメリットを並べてみたとき、僕はメリットの方が遥かに上回っていると感じました。
月々5000円をどう捉えるかはその人次第ですが、試しに1ヶ月入ってみて、合う合わないを見極めてみるのを一つのやり方なんじゃないかなと思います。

ちなみに現在は募集受付はストップしています。3期生の募集は夏ぐらいとのことです。
もし興味が湧きましたら申し込んでみるのも良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です