僕が「WordPress」の有償テーマを使う理由。

このブログはソフトに「Wordpress」、テーマは「SANGO」 とその子テーマの「PORIPU」 を使っています。
「Wordpress」自体はオープンソースの無料ソフトですが、テーマは有償です。

今回は僕がわざわざ有償テーマを採用している理由を書きたいと思います。

僕が有償テーマを使う理由

カスタマイズ時間の削減

「Wordpress」はかなり自由なカスタマイズができるソフトです。
僕もプログラムをガリガリ弄るカスタマイズは大好きなのですが、そこに時間を割くのは本筋じゃないなぁと思っています。

このブログの本筋は「人の役に立つことを発信していくこと」。
ブログをカスタマイズして、その機能を見せることではないんですよね。

カスタマイズでその時間を割くなら、記事を書くこと・ネタをインプットすることに使いたい。
有償テーマを採用することで、開発者の方の英知が詰まった機能を簡単に手に入れることができます。

要は時間を買うという発想ですね。

ブログも見た目は大事

人に読まれるブログって、どんなブログかなと考えた時はやはり読みやすいブログだと思います。
そして読みやすいブログは総じて見栄えが良いです。

ブログで一番大事なのはもちろん記事の内容ですが、読まれるためには見栄えを良くして土俵に上がらなくてはいけない。

人が洋服でガラっと印象を変えられるのと一緒で、ブログもテーマを変えれば印象を簡単に変えることができます。
だから自分が良いと思ったテーマを見つけたなら、たとえ有償でも採用するべきじゃないかなと考えます。

投資することで自分を追い込む

少しケチ臭いお話ですが、人は身銭を切った方が本気で取り組みます。

無料で始めたものって、逆に言えばいつ止めても金銭的には痛くない(費やした時間は帰ってこないけど)。
逆に有料で始めたものって、元を取ろうとするのが人情だと思います。

ネットの普及で色々なものが無料で手に入る時代だからこそ、お金を払うことの価値が際立つんじゃないかなと思います。

おわりに

僕が有償テーマを採用した理由をつらつらと挙げてみました。
今は「SANGO」以外にも素晴らしいテーマが簡単に手に入る良い時代です。
テーマがしっくり来ないなぁと思った方は採用してみるのも良いんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です