「WordPress」で最低限は導入しておきたいプラグイン。

「WordPress」は完成度の高いブログソフトウェアです。
そんな「WordPress」の機能をさらに拡張してくれるのがプラグイン。

プラグインは世界中の開発者が開発しているので、その数は数千にも及びます。
そんな中で最低限は導入しておきたいプラグインを紹介します。

最低限は導入しておきたいプラグイン

AddQuicktag

よく利用するタグを登録しておくと、投稿画面からボタンをワンクリックで自動的に挿入してくれます。
僕の場合、よく利用する見出しタグのH2、H3などをスタイルシート付きで登録しています。

Table of Contents Plus

各記事の目次を自動生成してくれるプラグイン。
目次が必要かどうかはブログの内容にもよると思いますが、必要なら導入してみると良いです。

Rinker

商品リンクを管理するプラグイン。
記事に1行コードを挿入するだけで、自動的に商品リンクを作成してくれます。
これで長々としたタグの記述から解放されますよ。

商品リンク管理プラグインRinker(リンカー)の公式サイト

Akismet Anti-Spam

コメントスパムから保護してくれるプラグイン。
「WordPress」は利用者が多い分、スパムも多いです。
このプラグインは強力なフィルタ機能で自動的にスパムを削除してくれます。
スパム地獄から解放されストレスフリーになれます。

WP Multibyte Patch

日本語版「WordPress」のマルチバイト文字の不具合を解消してくれます。
自動的にインストールされていますので、日本語でブログを書くならとりあえず有効化しておきましょう。

Google Analytics Dashboard for WP

アクセス解析に「Googleアナリティクス」を利用している方は入れるべきプラグイン。
わざわざ「Googleアナリティクス」にログインしなくてもダッシュボードで解析が見られるのが便利です。

おわりに

僕は他にも色々と入れていますが、ここでは最低限入れておきたいものだけを紹介しました。

「WordPress」は利用者が多い分、便利なプラグインも充実しています。
それらを導入することで余計な手間や時間をかけずに記事を書くことに集中できると思いますよ。
ただしあれもこれも導入してしまうとサイトが重くなってしまうこともあるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です